文字サイズ

石川ニュース

公明県本部に自民推薦要請 1〜3区

 自民党県連は二十一日、衆院選に出馬する石川1〜3区の同党前職の推薦を、公明党県本部に要請した。公明の増江啓代表は「連携し、前回選と同じ結果を残せるよう頑張りたい。党本部の承認を得て一緒に戦う態勢を整える」と応じた。

 自民の選対本部長を務める福村章会長代行ら五人が金沢市新保本の公明党県本部を訪問。福村氏は「自公で安定政権を築きたい一心で戦う」と述べた。

 増江氏は「連立政権は信任を得て本格軌道に乗せ、負託に応えていく必要がある」と理解。自民の前職三人は前回の二〇一二年衆院選と同じ顔触れのため、結論を急ぐ考えを示した。

 増江氏によると、県本部で推薦を協議した上で党本部に伝え、早ければ二十七日にも承認されるという。 (谷口大河)