文字サイズ

石川ニュース

「議席しっかり守る」 自民県連 衆院選勝利へ気勢

 自民党県連は二十一日、県議会で議員協議会を開き、衆院選に向けた結束を呼び掛けた。木本利夫幹事長は「石川1区、2区、3区をしっかり守り、比例復活を許さないような自民党らしい勝ち方ができるよう協力を」と求めた。

 木本氏は各選挙区支部が中心に活動し、県連が調整・統括すると説明した。県連は同日、選対本部を正式発足させ、三人の前職を党本部へ公認申請した。

 終了後、県連選対本部長に就いた福村章県議は「これからがアベノミクス第二弾。そのために安定政権を続けることを有権者に問う選挙だ」と強調。「自民党の基盤をフルに生かし、友好団体や公明党と協力する。無策無為の民主党政権に戻りたいという人はいないだろう」と対決姿勢をむき出しにした。 (松本浩司)