文字サイズ

岐阜ニュース

風無き民主、独占許す

◆園田さん「最重点区」でも敗北

比例復活もかなわず、深々と頭を下げる園田康博さん=各務原市の事務所で

写真

 小選挙区で敗れた3区の園田康博さん(民元)。比例代表での復活当選もかなわず、各務原市那加前洞新町の事務所に集まった支持者七十人は落胆の表情を見せた。

 「県内で民主党の衆院議員を一人はつくらなければ」と民主党県連幹事長の伊藤正博県議。自民と民主の候補者の得票実績の差が比較的少ないこの区を「最重点区」と位置づけて選対本部長を務めたが、届かなかった。

 市内の会社経営者の男性(66)は「こんないい人を落としてしまって残念でならない」と悲しげに語った。

◆吉田さん頭を下げて「力不足」

支持者を前に頭を下げる吉田里江さん=岐阜市の事務所で

写真

 1区の吉田里江さん(民新)は、三度目の国政挑戦を勝利で飾ることができなかった。午後九時二十分、岐阜市金園町の事務所に顔を見せた吉田さんは「力不足でした。本当に申し訳ありませんでした」と支持者に深々と頭を下げた。

 選挙戦では「家計に打撃を与え、格差を広げた」と安倍政権を批判。「暮らし、命、雇用を守り、弱者に寄り添う政治をする」と訴え、一日十カ所以上で演説を重ねた。

 だが、出馬を正式に表明したのは公示の十日前と出遅れた。吉田さんは「(昨年出馬した)参院選より、生活の苦しさを訴える市民が多く、反応は良かった。ただ、不満の行き先として民主党が選ばれなかった」と無念の表情を見せた。

◆阿知波さん「審判受け止める」

落選が確実になり、支持者にあいさつする阿知波吉信さん=多治見市の事務所で

写真

 「審判を真正面から受け止める」。5区で落選が確実となり、阿知波吉信さん(民元)は午後八時すぎ、多治見市金岡町の事務所で支持者に頭を下げた。

 「自分の努力不足」「民主党は信頼を回復できておらず、安倍政権への批判票の受け皿にもなれなかった」と敗因を分析。年末の突然の解散に「慌てた。準備不足だった」と振り返り、低投票率を苦々しく受け止めた。「組織票がある候補は有利だっただろうが、私には不利に働いた」

 労組の支援を受ける一方で、後援会長にIT企業経営者を迎え、支持政党を持たない層や若者への浸透を図った。「特定の人や地域しか大切にしない安倍政権と戦う」と訴えたが、及ばなかった。