文字サイズ

岐阜ニュース

民主と維新、選挙協力へ

 民主党県連と維新の党県総支部は、県内の衆院選小選挙区で選挙協力することを、大筋で合意した。相手の候補者に、県組織として推薦を出すことを検討している。二十九日に最終的な協議をして正式に決める。

 民主は県内の五小選挙区のうち岐阜2、4区での候補者擁立を正式に断念。空白区の4区でしか候補者が立たない維新との協力を模索していた。

 自民、共産両党の候補者と争う1、3、5区では、選挙協力により第三極支持層の取り込みを狙う。同じく自民、共産が候補者を立てる4区では、維新が民主支持層への浸透を目指す。

 民主県連幹部は本紙の取材に「民主と維新で野党として連携し、自民に対抗したい」と話した。