文字サイズ

岐阜ニュース

担当者会議で投票用紙配る 県選管

 県選管は二十六日、岐阜市六条南の岐阜産業会館で、衆院選の会議をした。県内の全四十二市町村の選挙担当者が出席し、小選挙区と比例代表の投票用紙各百六十八万七千五百枚を受け取った。

 県選管は「投票用紙を小選挙区と比例代表を間違えて渡さないよう注意して」と呼びかけていた。期日前投票は公示翌日の十二月三日から始まる。