文字サイズ

岐阜ニュース

2−5区を追加 共産、候補者5人決定

 共産党は十八日、県内の衆院選小選挙区の立候補予定者を発表した。二〇一二年十二月の前回に引き続き、五選挙区すべてで擁立し党勢の拡大を狙う。

 2区は、党西濃地区委員長の森桜房義氏(57)。3区は、党岐阜地区委員長で、前回選も同じ選挙区から出馬した服部頼義氏(56)。4区では党飛騨地区委員長で、元高山市議の伊嶌明博氏(63)が立候補する。

 5区は党恵那地区常任委員で、元中津川市議の鷹見信義氏(68)。鷹見氏は来年春の県議選への立候補を予定していたが、衆院の状況の急変を受けて国政への挑戦を決めた。

 1区では既に、県議の大須賀志津香氏(55)が出馬の意向を表明している。