文字サイズ

福井ニュース

新区割りで初の総選挙 きょう公示

 二日に公示される衆院選で、県内小選挙区の立候補予定者は、それぞれの事務所前などで第一声を放ち、十二日間にわたる選挙戦の火ぶたを切る。

 県内の小選挙区は「〇増五減」に伴い、三から二に減る。福井1、2区の両選挙区からは前職二人と新人四人の計六人が立候補を予定している。

 政党別では自民と共産が両選挙区ともに擁立。民主は2区のみ、維新は1区のみに立て、両党は事実上、すみ分けを図った。公明と社民は候補者を立てない。公明は自民二人を推薦、社民は民主と維新の候補を支援する。

 1区は自民前職の党政調会長稲田朋美(55)、維新新人の元県議鈴木宏治(41)、共産新人の党県書記長金元幸枝(56)の三氏。2区は自民前職の元国土交通副大臣高木毅(58)、民主新人のNPO法人理事長辻一憲(49)、共産新人の党県常任委員宇野邦弘(63)の三氏。

 県内では全国最多の十四基が立地する原発の再稼働と廃炉、安倍政権の経済政策アベノミクスの評価、環太平洋連携協定(TPP)交渉のスタンスなどが争点となりそうだ。各候補者は二日午前九時前から昼ごろにかけて各事務所前で第一声を上げ、運動を始める。

 期日前投票と不在者投票は衆院選が三日から最高裁判所裁判官国民審査は七日から始まり、ともに十三日まで。

 (衆院選取材班)

◆選挙人名簿登録者 1日時点で64万6773人

 県選管は一日、同日時点の選挙人名簿登録者数を発表した。総数は六十四万六千七百七十三人だった。前回調査の九月一日時点より二百二十人増えた。

 男女別では男性が三十一万百四十一人、女性が三十三万六千六百三十二人。

 衆院小選挙区の区割り改定後の選挙人名簿登録者数は福井1区が三十七万九千四百十九人、福井2区は二十六万七千三百五十四人だった。

 (塚田真裕)