文字サイズ

福井ニュース

2区に県連関係者 民主方針、1区は比例代表重点

 空白となった福井2区の公認候補予定者の選定を急いでいた民主党県連は二十二日、党県連関係者を擁立する方針を固めた。今後、後援団体に了解を取り付けた上で、幹事会の最終的な了承を得て党本部に推薦する。

 同日、福井市大手二の県教育センターで開いた幹事会で確認。玉村和夫幹事長は選定の条件を「党員として活動しており、将来に可能性のある人」と説明した。党県連は福井2区の公認候補予定者だった糸川正晃氏が不出馬を表明した二十日から、新たな候補者を探し、折衝してきた。

 幹事会では、福井1区は候補者擁立が難しいため、比例代表に重点を置くことを確認。野党間の選挙協力について玉村幹事長は「細かい政策の擦り合わせが時間的に困難なため、お互いに党の推薦を出すのは難しいと思う」との認識を示した。

 幹事会冒頭で玉村幹事長は福井2区が空白になったことに触れ「大変責任を感じ、おわび申し上げたい」と陳謝。選挙戦については「円安株高の恩恵は一部の金持ちや都市、大企業に集中している」と指摘し「アベノミクスは失敗だときちっと訴え、一致結束して戦いたい」と述べた。

 (塚田真裕)