文字サイズ

中部ニュース

比例東海、95人が立候補 小選挙区重複、県内は35人

写真

 二日に公示された衆院選の比例代表東海ブロック(定数二一)には九十五人が立候補した。このうち県内では三十五人が小選挙区と重複立候補した。

 比例単独は県内関連を含め全体で二十七人が立ち、二十二人の前回より今回は五人増えた。