文字サイズ

中部ニュース

中川三重県議、公明が擁立へ 比例東海

 公明党は、衆院選の比例東海ブロックに、党三重県本部代表で県議の中川康洋氏(46)=四日市市選挙区=を擁立する意向を固めた。複数の関係者が明らかにした。

 公明党の同ブロック候補者は三人目。二〇一二年の前回選では二議席を獲得。次期衆院選では一議席の上積みを目指し、擁立を模索してきた。県議会関係者によると、中川氏は二十六日午後、議会に議員辞意を伝えたという。中川氏は二十六日、本紙の取材に「最終的には党が決定することだ」と述べた。中川氏は、国会議員秘書、同県四日市市議を経て、〇七年の県議選で初当選し、現在二期目。