文字サイズ

全国ニュース

望月環境相が当選確実 政治資金問題のさなか

 自民前職の望月義夫環境相が静岡4区で、民主元職田村謙治氏らを破って当選を確実にした。後援会が会合費など計約660万円の支出を賀詞交歓会の支出と偽って政治資金収支報告書に記載した「政治とカネ」問題の影響が指摘されたが、堅固な後援会組織を中心とした戦いで勝利を手にした。

 選挙期間中は、ペルーでの気候変動枠組み条約の第20回締約国会議(COP20)に出席するため選挙区を離れたが、知名度を生かして企業、団体などの支持を固めた。

 田村氏は望月氏の政治資金問題を念頭に「まじめな政治」を訴えたが、及ばなかった。