文字サイズ

全国ニュース

首相「景気回復が使命」 民主「生活破壊に対峙」

 第四十七回衆院選は十四日に投票が行われ、即日開票される。安倍政権の経済政策「アベノミクス」とくらし、集団的自衛権の行使容認の是非など安全保障・憲法、原発という日本の針路を左右する「三つの岐路」をはじめ、安倍政権が二年間進めてきた政治に対する国民の審判が下される。

 衆院選には、小選挙区(定数二九五)に九百五十九人、全国十一ブロックの比例代表(同一八〇)の単独に二百三十二人の計千百九十一人が立候補している。

 投票は一部を除いて午前七時から午後八時まで行われる。十四日深夜に大勢が判明し、十五日未明に全四百七十五議席が確定する見通し。

 各党党首は十二日も各地で支持を訴えた。

 安倍晋三首相(自民党総裁)は栃木県日光市で「地域で汗を流している皆さんにも、景気回復の暖かい風を送り届けていくことが大きな使命」と話した。民主党の海江田万里代表は千葉県松戸市で「安倍首相の国民生活を破壊する政策にしっかり対峙(たいじ)したい」と転換を訴えた。

 維新の党、公明党、次世代の党、共産党、生活の党、社民党、新党改革の各党と地域政党の減税日本も、それぞれ幹部らが支持を呼び掛けた。各党首らは十三日に最後の訴えをし、十二日間の選挙戦を終える。