中日新聞プラス
中日新聞 chunichi web
文字サイズ
滋賀

「実績に評価」「厳しい結果」 各党反応さまざま

 二十二日早朝まで続いた参院選の比例代表も含めた開票結果を受け、県内の党幹部は「実績が評価された」「厳しい結果」などさまざまな反応を見せた。

 選挙区で圧勝、比例でも二十万票以上を獲得した自民。党県議団代表の吉田清一県連副会長は「国政選挙は東京の風が大きく影響する。今回は安倍政権への期待感があった。一方で民主の立て直しが道半ばで、日本維新の会やみんなの党などの選挙協力もなかった。受け皿不足もあって自民に一定の票が流れた」と冷静に評価した。

 惨敗した民主党県連の出原逸三幹事長は「敗因はさまざまあるが、党への信頼感が戻っていない」と分析した。立て直しについては「奇策はない。党の立ち位置や政治理念を明確にした上で、政策を着実に追求するしかない」と誓った。

 共産党の奥谷和美県委員長は「前回の参院選から選挙区で約二万票、比例で約一万票を伸ばし全国的に議席を増やせた。自共対決に共感を得て今後の反転攻勢の足掛かりにはできた」と一定の評価。

 日本維新の会の岩永裕貴県総支部代表は「昨年衆院選の半分に当たる七万〜七万五千票が目標だったが、大きく上回った。維新への期待の大きさを実感した。(選挙区の)候補者がいない中では健闘できたと思う」。

 公明党は目標だった六万票に迫る約五万九千票を獲得。県本部の梅村正代表は「与党の中でも生活者目線で言うべきことを言う姿勢に共感を得た。生活の安定、政治の安定を求める国民に評価してもらえた」と満足げだ。

 約三万九千票を獲得した、みんなの党の蔦田恵子滋賀代表は「選挙区で候補を立てられなかったが一定の評価は得られたと思う。今後さらに、地に足をつけた活動ができる地方組織の構築を目指したい」と決意を込めた。

 三年前の前回より約一万五千票減らした社民党の小坂淑子県連代表は「結果に驚いた。自民党の争点隠しに遭った。このまま改憲に走らせぬようチェックしていくしかない」と述べた。