中日新聞プラス
中日新聞 chunichi web
文字サイズ
滋賀

滋賀選挙区は4人出馬へ

参院選立候補予定者の演説に聞き入る聴衆=草津市で

写真

 憲法改正や原発の将来など重要な政策が争点となる参院選が四日、公示される。滋賀選挙区(改選数一)からは民主現職で拉致問題特別委員長の徳永久志さん(50)、自民新人で学習塾経営の二之湯武史さん(36)、共産新人で元中学教諭の坪田五久男さん(54)、諸派新人の荒川雅司さん(38)の四人が立候補を予定し、準備を重ねてきた。投開票は二十一日。

◆民主

 二期目を目指す民主の徳永さんは、駅立ちやあいさつ回りを精力的にこなすほか、百人〜千人規模の決起集会を県内各地で開催してきた。集会には党本部の細野豪志幹事長や前原誠司元外相ら知名度の高い議員も駆けつけた。細野幹事長は「厳しい情勢が続く全国の中で滋賀は勝ちうる選挙区」と位置付ける。

 徳永さんは、滋賀のために働いた県議二期八年、参院議員一期六年の実績を強調。「与党がおかしな方向に政策を提案したときに、参議院でストップをかける役割を与えてほしい」と力を込める。

◆自民

 自民は今年二月に公募で選んだ二之湯さんの必勝に向け、県内選出の四人の衆院議員を軸に県議、市議ら一丸で選挙戦に臨む。

 全国的に追い風ムードも漂うが、県連幹部は「油断すると大変な目に遭う」と引き締めに躍起。陣営は衆参ねじれ解消の必要性や半年間の政権運営の成果などを訴え、支持基盤の安定と拡大を狙う。

 県内各地であいさつ回りや毎日の駅立ちをこなしてきた二之湯さんは「滋賀の公認候補として誇りと自信を持ち、選挙戦を戦い抜く」と決意を示す。

写真

◆共産

 共産の坪田さんは「暮らしを守る政治に取り組む」と意気込み、中小企業主や農家などの声に耳を傾けてきた。彦根市では「増税でやっていけない」と嘆く商店主の訴えを聞き、野洲市では原発事故で福島県から避難した男性と話した。

 草津市では若者の座談会に参加。十代から三十代の男女十三人から「誰もが自由に学べる社会にして」「僕は戦争には行きたくない」と主張を託された。街頭などの演説では一貫して「自共対決」を強調。「安倍政権の暴走に歯止めをかける」と訴えている。

(参院選取材班)