中日新聞プラス
中日新聞 chunichi web
文字サイズ
岐阜

<参院選を終えて>(上)絶対得票率 圧勝自民 安泰と言えず

写真

 自民新人の大野泰正さん(54)の圧勝で終わった参院選岐阜選挙区(改選数一)。自民の強さと民主の凋落(ちょうらく)が顕著になった。ただ、「全有権者に占める支持の割合」でみると、自民も安穏とはできない状況が見えてくる。

 「一九九八年の結党当初の党勢に逆戻りした感じ。政権に再挑戦するには、十年必要かもしれない」

 参院選の投開票から一夜明けた二十二日、民主県連の柴橋正直代表(34)が惨敗を振り返った。

 早朝には岐阜市の繁華街で、大野さんの四割ほどの得票に沈んだ民主新人、吉田里江さん(47)とともにマイクを握った。淡い水色のジャケット姿で「声なき声を拾い上げ、弱者に優しい共生社会を目指して戦い続ける」と訴えたが、足を止める通勤客はまばらだった。

 県民の民主離れをはっきり示すデータがある。百七十万人ほどの県内有権者の何%から票を託されたかを示す絶対得票率だ。

 ピークは、政権交代を成し遂げた二〇〇九年の衆院選だ。民主の比例代表の絶対得票率は31・8%。全有権者の三人に一人ほどの支持を得て、小選挙区と比例を合わせ七人の衆院議員が誕生した。

 だが、政権に就くと迷走した。消費税増税をめぐる意見対立などで離党者が相次ぎ、有権者の期待は失望に。一二年の衆院選比例代表は9・8%に急落。小選挙区の全五候補が落選した。「反転攻勢への足掛かり」(県連幹部)に位置付けた今回の参院選比例代表は7・1%で、退潮に歯止めを掛けられなかった。

 一方、「一強」とも称される自民も安泰とは言えない。

 今参院選の岐阜選挙区では、得票数が十二年ぶりに五十万票を超えた。ただ、比例代表の絶対得票率は20・7%。「王国崩壊」と報じられた〇九年衆院選の比例代表は21%で、当時の水準に届いていない。

 「投票用紙に『自民』と書く人は増えていない。風が吹けば簡単にひっくり返る」とは、大野陣営の幹部。大野さんは二十二日朝、JR岐阜駅前の街頭演説で「県民の半数近くが投票に行っていない。自民党は重く受け止めなければ」と、表情を引き締めた。

 岐阜選挙区で新人の鈴木正典さん(49)を擁立し、一定の自民批判票を得た共産は、比例代表の絶対得票率も上がった。4・4%で、一二年の衆院選から1・1ポイント、〇九年の参院選からは1・5ポイント増えた。鈴木さんは「反自民で一貫してきた姿勢が、選挙を重ねるごとに評価されるようになった」と語った。

 (参院選取材班)