中日新聞プラス
中日新聞 chunichi web
文字サイズ
岐阜

きょう投開票

 原発再稼働や改憲の是非などの方向性を決める参院選は二十一日、投開票される。改選数が一に削減された岐阜選挙区には、新人四人が立候補。主な政党の候補者は二十日、大票田の岐阜市を中心に舌戦を展開して十七日間の選挙戦を終えた。

 投票時間は原則、午前七時から午後八時まで。投票所は県内全四十二市町村に、八百五十六カ所開設される。うち二百五十三カ所は、閉鎖時刻が最大三時間繰り上げられる。

 二十日には、各地で投票所が設営され、岐阜市明徳町の明徳公民館では、市職員九人が、選挙区と比例代表の二種類の投票箱を設置した。ホームページなどで開票状況を速報する県選挙管理委員会も、県庁でリハーサルを行い、県職員四十人が手順を確認した。

(参院選取材班)