中日新聞プラス
中日新聞 chunichi web
文字サイズ
中部ニュース

注目がほしいから 候補者あの手この手

 東海三県の参院選各選挙区で、「アイデア街宣」が繰り広げられている。ロボットやアイドル、ガラス張りの選挙カーなど、見た目のインパクトに訴える奇抜な戦術。有権者に足を止めてもらおうと、各陣営はあの手この手の知恵を絞っている。

◆人工知能ロボ

「ミエケンノ、ミナサン、コンニチハ」と通りかかった市民に話しかけるロボット=津市で

写真

 「私の代弁者を連れてきました」。津駅前で街頭演説する維新新人が、傍らの人型ロボットにマイクを向けた。「ミエケンノ ミナサン コンニチハ」。高さ三十センチほどのロボットが両手を動かし、あいさつを始めた。

 人工知能を搭載し、会話ができる。呼び掛けに応えて、プログラムしたあいさつや候補者紹介を話しだす。技術革新を後押しする姿勢をPRしようと、システム開発会社から借り受けた。候補者は「特に女性や子どもたちから注目される」と手応えを話す。

◆車ガラス張り

ガラス張りの選挙カーから街行く人に向かって手を振る候補者=13日、JR名古屋駅前で

写真

 愛知のみんな新人は、ミニバンを改造し、後部座席をガラスで囲った一風変わった選挙カーで駆け回る。

 候補者は「ガラス張りの選挙カーで、ガラス張りの政治を訴えられる」と、お気に入りの様子。見て驚く人も多く「おばあちゃんが『何これ』と口をポカンと開けて眺めていたこともあった」とか。

 注目を集める効果は抜群だが、容赦なく日が差し込むのが難点。冷房はあるものの、車内は蒸し風呂状態。飲み物を大量に積み込み、こまめな水分補給が欠かせないという。

◆アイドル参戦

街頭で支持を訴える女性アイドルグループのメンバーら=13日午前、岐阜県本巣市で

写真

 岐阜の民主新人には、大阪の女性アイドルグループが応援に駆けつけた。十三日午前、岐阜県本巣市内での街頭演説に「フレア・ラ・モード」の四人が、露出度の高い衣装で登場。候補者と選挙カーの上に立ち、「一緒に応援してくださーい」と声を張り上げた。

 候補者とはカンボジアでのボランティアを通じて知り合った。ただ、歌やダンスは公選法上の「利益供与」に当たるおそれがあるといい、陣営関係者は「トークだけでの参戦」と説明する。