全国

島尻沖縄相、岩城法相が落選 辺野古と福島原発で逆風

2016年7月11日

敗戦の弁を語る沖縄北方相の島尻安伊子氏=10日夜、那覇市で

写真

 自民党は参院選で、沖縄選挙区の島尻安伊子沖縄北方担当相、福島選挙区の岩城光英法相の閣僚二人が落選。沖縄は在日米軍基地、福島は東京電力福島第一原発事故の問題を抱え、安倍政権の政治課題の影響を直接受ける選挙区で有権者の不満が鮮明に表れた。

 自民党は沖縄で、二〇一三年参院選、一四年衆院選の四小選挙区に続き国政選挙で三連敗。衆院選では比例復活しているが、全選挙区で議席を失った。米軍普天間飛行場(宜野湾市)移設に伴う名護市辺野古への新基地建設問題で、推進姿勢の安倍政権と阻止を目指す翁長雄志(おながたけし)県知事が対立。翁長氏は参院選で野党統一候補の伊波洋一氏を推し、新基地反対の民意を吸い上げた。ただ、安倍晋三首相は十日夜のNHK番組で「普天間の固定化は誰も望んでいない」と建設を進める考えを強調した。

 福島は改選数が六年前の二から一に減り、ともに現職の岩城氏が民進党の増子輝彦氏に敗れた。原発事故の影響で、今も県民約九万人が避難生活を強いられ、県民のいら立ちが政権離れにつながった。 

主な政党の公約

新聞購読のご案内