全国

選挙区と比例に一票ずつ

2016年7月10日

 投票できるのは原則午前七時から午後八時まで。その間に、市区町村から自宅に郵送された「投票所入場整理券」を持って、そこに書かれている投票所に行く。筆記具は投票所に用意されている。

 入場整理券をなくしたり、忘れたりしても、投票所の係員に申し出て、本人であることが確認できれば投票できる。運転免許証や身分証明書を持っていけばスムーズだ。自分の投票所が分からなければ、地元の選挙管理委員会に問い合わせてみよう。

 受け付けが済むと、最初に薄黄色の選挙区用の投票用紙が渡される。記載台で意中の候補一人の氏名だけを書いて投票箱に入れる。次に白色の比例代表用の投票用紙が渡される。こちらには政党名か、各党の名簿に載っている個人名のどちらかを書いて投票する。

 投票所が混雑しておらず順調に進めば、数分で二票を投じることができる。

主な政党の公約

新聞購読のご案内