全国

公示1日前倒し 沖縄「慰霊の日」配慮

2016年6月22日

 七月十日投開票の参院選は通例よりも一日前倒しして公示された。過去の例に倣えば公示日は六月二十三日だったが、先の大戦で沖縄戦の組織的戦闘が終結した「慰霊の日」にあたることから、政府が重複を避けた。公示日と重なれば県民感情を逆なでして批判を招き、参院選の結果に影響しかねないと判断した。

 公職選挙法は参院選について「少なくとも(投票日の)十七日前に公示しなければならない」と規定。日程は内閣が決める。近年はすべて十七日前に公示しているが、法律上は早めることができる。

主な政党の公約

新聞購読のご案内