全国

9条改憲に首相が意欲

2016年6月22日

 安倍晋三首相(自民党総裁)は二十一日夜、テレビ朝日番組の党首討論で、憲法九条について「自民党は(党改憲草案で)改正案を示しているが、(戦争放棄をうたった)一項、(戦力を持たず交戦権を認めないとした)二項を残したうえで『自衛隊を設置する』と書くのか、ということを議論していない。そういうことはまさに憲法審査会で議論していく」と述べ、九条改憲の議論を進めていくことに意欲を示した。

 首相は次の国会から憲法審査会で改憲論議を進めたい考えを示しており「(憲法審査会が)あるのに動かさない方がおかしいでしょう。当たり前のことを言っている」と強調した。

主な政党の公約

新聞購読のご案内