全国

18、19歳、将来不安なら投票を 明るい選挙推進協会・佐々木毅会長に聞く

2016年6月21日

 二十二日公示の参院選は、十八歳、十九歳の約二百四十万人が新たに有権者に加わる。一方、最近は国政選挙のたびに低投票率を記録、民主主義の危機が指摘されている。元東京大学長で、選挙の普及啓発を行う「明るい選挙推進協会」会長の佐々木毅氏に、選挙の意義と、どうして選挙は大切なのか、基本から聞いた。

 −そもそも選挙は、なぜ重要なのでしょうか。

 「国民と政治の関わり方の中で、一番正式の制度は選挙です。選挙で選ばれた代表者を通じて政府への信頼感が与えられ、政府が行う政策の正しさに根拠が与えられるのです」

 −憲法前文が、選挙で代表者を選ぶことによる国民主権の記述から始まることからも重要さが分かりますね。

 「選挙について考える時、一回ごとの選挙と、サイクルとしての選挙。二つの観点が必要です」

 −サイクルとは。

 「前回の選挙での政党側の約束は守られたか。前回選挙でいい政策だと思ったものは結局、どうだったか。そういう流れでみることです。選挙で政党や政治家が重要な役割を果たすのは当然ですが、選挙のサイクルを回すのは、主権者である有権者です」

 −参院選は衆院選と違い直接、政権を争うものではない。特に今回は、判断基準が難しいという声もあります。

 「政党の公約を見ても、ほとんどメッセージとして意味を持たない。今の政党は隠蔽(いんぺい)する能力で成り立っている。消費税増税の延期の問題など、争点をなくす共同作業をやっているようにさえ見えます」

 −マニフェスト(政権公約)を軸に具体策を示そうという時期もありました。

 「それが崩れてしまった。これでは白紙委任型政治です。戦後、長く続いた自民党政治は、一定の枠内での白紙委任政治をやってきましたが、今はそれがいろいろな問題にまで広がっている」

 −「十八歳投票」と前後して、若者が政治参加する動きが目立ってきた。

 「『選挙権が来ちゃった』という衝撃を受け、スイッチが入った部分があるのでしょう」

 −一方で選挙権を負担と感じる若者もいる。

 「そういう人への僕のメッセージは単純。『とにかく投票に行け』です。行かない理由は千も万も見つかるが、いちいちそれをつぶしている時間はない。行くと決めることから、すべてが始まる。若い世代はこの先、夢のような世界が来るとは思っていない人が多い。社会保障や財政を知らなくても、ぼんやりと将来に不安感があるのなら、とにかく投票に行ってほしい」

 −自分の投票を後で悔いることになっても…。

 「それでもいい。それが次の選挙への種になる。種をまかないで植物は生えない。ただ、次の選挙の時にチェックできるように、投票用紙にどう書いたのか、覚えておいてほしい」

 −それが選挙によって民主主義のサイクルを回すことにつながるのですね。

 「投票は自分を追い込み、決断すること。政治家にとって意味のある有権者は選挙に来る人。投票しない有権者は、どうでもいいとみられている。無視されるのはやはり癪(しゃく)ではないのか。投票権という機会を見過ごすのか。迷いに迷っても投票することが大事です」

 (聞き手・金井辰樹、安藤美由紀、山口哲人)

 <ささき・たけし> 政治学者。公益財団法人「明るい選挙推進協会」会長。東京大学長を務めた後、2005年に東大名誉教授。1993年から昨年12月まで、本紙「視座」欄に執筆。プラトンなどの政治思想研究を基盤に現代政治の分析でも顕著な研究業績を上げ、昨年度の文化功労者に選ばれた。日本学士院会員。秋田県出身。73歳。

◆有権者全体の2%でも… 比例で2人当選分に

 有権者の仲間入りをする18歳、19歳は約240万人。全有権者約1億400万人の2%程度だが、その影響力は、過去の参院比例代表に照らせば、2人を当選させることができるほどの「数」になる。

 前回2013年の参院選比例は、1議席を得た社民党の得票は約125万票だった。前々回10年は約123万〜約117万票のたちあがれ日本、新党改革の両党がそれぞれ1議席を得ている。約224万票の社民党は2議席を確保した。

 都道府県別の人口と比べても、240万人は宮城、新潟両県に匹敵する。18歳、19歳が同じ政党や候補に投票するわけではないが、政治の側が無視できない数だ。

 14年10月の人口推計によると、最も人口が多いのは65歳で220万人超。人口だけでなく、投票率も60代は前回参院選で約68%だった。20代は約33%にとどまる。

主な政党の公約

新聞購読のご案内