全国

立候補予定者アンケートの質問と回答

2016年6月19日

(数字は%)

問1 選挙後の望ましい政権の枠組みはどれですか。

 自民、公明両党の連立政権 22.3

 民進党を中心とする政権  19.1

 自民党単独政権     1.6

 その他・無回答 57.0

問2 安倍政権の経済政策「アベノミクス」を評価しますか、評価しませんか。

 評価する 21.0

 どちらかといえば評価する  9.7

 どちらかといえば評価しない 19.1

 評価しない 45.6

 その他・無回答  4.5

問3 2017年4月に予定される消費税率10%への引き上げについて、どうすべきだと考えますか。

 予定通り実施すべきだ  4.5

 延期すべきだ 35.0

 10%への増税をやめるべきだ 30.7

 その他・無回答 29.8

問4 政府は消費税率を10%に引き上げる際、食料品などの税率を低く抑える軽減税率を導入する方針です。賛成ですか、反対ですか。

 賛成 29.4

 反対 51.8

 その他・無回答 18.8

問5 政府は憲法解釈の変更を閣議決定し、集団的自衛権の行使容認などを盛り込んだ安全保障関連法を昨年、成立させました。同法に賛成ですか、反対ですか。

 賛成 41.7

 反対 46.3

 その他・無回答 12.0

問6 環太平洋連携協定(TPP)をめぐる政府の合意内容を評価しますか、評価しませんか。

 評価する 30.4

 どちらかといえば評価する 20.4

 どちらかといえば評価しない  6.5

 評価しない 36.2

 その他・無回答  6.5

問7 原発政策をめぐり、新規制基準に適合すると判断された原発を、電力会社が再稼働させることに賛成ですか、反対ですか。

 賛成 44.0

 反対 40.5

 その他・無回答 15.5

問8 政府は沖縄県宜野湾市の米軍普天間飛行場を同県名護市辺野古へ移設する方針です。賛成ですか、反対ですか。

 賛成 44.7

 反対 39.2

 その他・無回答 16.2

問9 東日本大震災からの復興に向けた政府の取り組みを評価しますか、評価しませんか。

 評価する 20.1

 どちらかといえば評価する 13.6

 どちらかといえば評価しない 31.7

 評価しない 29.1

 その他・無回答  5.5

問10 あなたは憲法改正(新たな理念を盛り込む「加憲」を含む)に賛成ですか、反対ですか。

 賛成 56.6

 反対 34.0

 その他・無回答  9.4

問11 (問10で「賛成」と回答した人に聞く)どのような点を変えるべきだと考えますか。(複数回答)

 前文 40.6

 天皇は元首だと明記 20.0

 国旗、国歌を明記 21.7

 自衛隊を軍隊として位置付け 44.6

 個別的自衛権の明記 32.6

 集団的自衛権の明記 32.0

 知る権利、環境権など「新しい人権」の明記 30.3

 家族・家庭、共同体の尊重 20.0

 大災害など緊急事態における首相の権限強化 35.4

 一院制 25.1

 参院議員の都道府県代表制明記 24.6

 政党の地位規定 11.4

 衆院の権限強化 12.0

 臨時国会召集規定に期限明記  5.1

 首相公選制の導入 28.6

 憲法裁判所の設置 21.1

 健全な財政の維持 18.3

 道州制の導入 21.7

 憲法改正の発議要件の緩和 33.1

 その他・無回答 32.6

問12 安倍晋三首相は在任中の憲法改正実現に意欲を示しています。安倍政権の下での憲法改正に賛成ですか、反対ですか。

 賛成 34.6

 反対 46.6

 その他・無回答 18.8

問13 選挙後に優先して取り組むべき課題は何だと考えますか。

(三つまでの複数回答)

 景気・雇用対策 60.8

 社会保障改革 40.5

 少子化・子育て 38.8

 行政改革  4.2

 税財政改革  8.4

 政治とカネ問題  2.6

 憲法改正 11.7

 TPP対策  7.4

 経済成長戦略 20.4

 地方創生 12.9

 外交・安全保障 27.2

 原発・エネルギー 12.9

 教育改革  6.5

 災害復興 11.7

 その他・無回答 19.4

問14 「一票の格差」を是正するため、今回の参院選から隣り合う選挙区を統合する合区が初めて導入されます。今後の選挙制度改革の方向性についてどう考えますか。

 都道府県単位で代表を選ぶことを優先する 27.2

 選挙区と比例代表の現行制度を抜本的に見直す 35.3

 合区による格差是正を進める  7.1

 その他・無回答 30.4

 ▽調査の概要=共同通信社が13日までに把握した参院選の立候補予定者のうち、連絡先が判明した351人に質問用紙を配布し、309人から回答を得た。内訳は、自民党61人、民進党49人、公明党13人、共産党54人、おおさか維新の会25人、社民党10人、生活の党1人、日本のこころを大切にする党9人、新党改革8人、諸派52人、無所属27人だった。

主な政党の公約

新聞購読のご案内