全国

「国民怒りの声」の宝田明氏出馬せず 参院選、候補者10人に

2016年6月18日

 政治団体「国民怒りの声」代表の小林節慶応大名誉教授は十七日、東京都内で記者会見し、参院選比例代表に新潟医療福祉大准教授の渡辺良弘氏(50)と、元会社員の吉田晶子氏(45)を擁立すると発表した。いずれも新人。一方、比例代表に擁立すると発表していた俳優宝田明氏(82)が立候補を取りやめると発表した。

 これにより、同団体の立候補予定者は比例代表の九人、東京選挙区一人の計十人となり、公選法で政党に準じた選挙運動ができる「確認団体」の要件を満たすことになった。

主な政党の公約

新聞購読のご案内