全国

1人区野党共闘に岡田氏が理解求める 自民は批判

2016年6月14日

 民進党の岡田克也代表は十三日、岡山市での集会で、参院選の改選一人区で民進、共産両党などが候補者を一本化する野党共闘に理解を求めた。「安倍政権の暴走を止めるという思いが一致している党が協力する。与党候補を倒す」と述べた。岡田氏は、「この国が誤った道に入り込まないよう、平和や生活経済の問題にしっかり取り組む」と訴えた。

 一方、自民党の谷垣禎一幹事長は東京都内で、野党共闘を批判した。谷垣氏は「野党は統一候補を立てているが、国のために一体、何をやるのか。絶対に負けるわけにはいかない」と強調した。

主な政党の公約

新聞購読のご案内