全国

内閣支持55%に上昇 世論調査

2016年5月30日

 共同通信社が二十八、二十九両日に実施した全国電話世論調査によると、安倍内閣の支持率は55・3%で、四月の前回調査48・3%から7・0ポイント上昇した。不支持率は33・0%だった。オバマ米大統領の広島訪問について「よかった」との回答は98・0%に達した。オバマ氏が広島訪問で「謝罪するべきだった」は18・3%。「謝罪する必要はなかった」が74・7%を占めた。

 来年四月の消費税率10%への引き上げ再延期に賛成は70・9%で、反対の24・7%を大きく上回った。政権の経済政策「アベノミクス」で景気が「よくなるとは思わない」が64・1%に上った。

 三重県で二十六、二十七両日に開かれた主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)を「評価する」「どちらかといえば評価する」が計78・4%となった。安倍晋三首相がサミットで、世界経済の現状が二〇〇八年のリーマン・ショック前の状況に似ているとの認識を示したことを巡り「似ているとは思わない」が51・9%と半数を超えた。

 元米海兵隊員の軍属が逮捕された沖縄の女性遺棄事件に関連し、日米地位協定を「改定するべきだ」との回答が71・0%となった。「改定する必要はない」は17・9%。

 安倍首相の下での憲法改正に反対は54・9%、賛成は35・0%だった。

主な政党の公約

新聞購読のご案内