長野

与党協力呼び掛け 公明県代表

2016年6月23日

 長野市のホテルであった若林さんの出陣式で、公明県本部の太田昌孝代表は「相手候補の背中がようやく見えてきた。選挙戦がスタートし、今日からは県民に向け発信し、一票一票を積み重ねたい」と与党が結束しての勝利を訴えた。

 今回は野党共闘に対抗するため、自公は従来の選挙協力から一歩踏み込み、若林さんと、公明が比例代表で擁立した現職長沢広明さん(57)の合同決起集会を長野市や松本市など県内五カ所で初めて開催。公示後も、二人が並ぶ街頭演説を、県内各地で予定している。

 太田代表は「若林と長沢の輪を広げていきたい。最後はともども勝ち抜こう」と力強く述べ、選挙区と比例での自公の協力を呼び掛けた。

主な政党の公約

新聞購読のご案内