長野

3陣営が出席、立候補手続き 県庁で説明会

2016年6月7日

 二十二日公示、七月十日投開票の参院選長野選挙区(改選数一)の立候補手続き説明会が六日県庁であり、既に出馬を表明している三陣営が出席した。

 県選管の堀内昭英書記長は、選挙権年齢が十八歳以上に引き下げられ、改選数が減ったことを挙げ「制度改正の内容を理解し、明るい選挙の実現に協力してほしい」と呼び掛けた。選管職員らは十五日の事前審査に向け各陣営が準備する書類などを説明した。

 長野選挙区には自民現職の若林健太さん(52)=公明推薦、民進新人の杉尾秀哉さん(58)=共産、社民推薦、諸派の新人及川幸久さん(55)が立候補を表明している。

主な政党の公約

新聞購読のご案内