長野

県警が選挙違反取締本部を設置

2016年6月3日

 県警は二日、参院選に向けて県警本部と県内の各警察署に選挙違反取締本部を設置した。一日時点での文書掲示違反などの警告は四件四人。八日に長野市内で署長会議を開き、取り締まり方針を確認する。

 県警によると、前回の参院選取締本部設置時の警告は十一件十一人で、投票日前日までの違反総数は計三十六件三十七人だった。

 一日までの違反の内訳では、特定の候補者への投票を呼び掛ける内容の文書を配布した違反が一件あった。他の三件は新たに掲示が禁止された期間に候補者個人のポスターを貼ったり、規格に合わない看板を設置した違反だった。

 県警捜査二課は「悪質な違反行為には事前検挙も辞さない構えで厳正に取り締まりたい」と話している。

主な政党の公約

新聞購読のご案内