福井

<参院選>山田氏、比例への出馬表明 共産

2016年4月19日

 夏の参院選の福井選挙区(改選数一)に共産党公認で立候補することを取りやめた元三国町議の山田和雄氏(48)は十八日、県庁で会見し、党の比例代表候補に回ると正式表明した。参院選で共産が県内から比例代表候補を出すのは初めて。

 民進、共産、社民、緑の党の県内四野党・政治団体が、福井選挙区で連合福井事務局長の無所属新人横山龍寛氏(51)=民進、社民推薦=を統一候補とすることで合意したため。山田氏は「野党共闘を望んでいた。戦争法(安全保障法制)廃止への布陣がつくれて、すがすがしい思いだ」と述べた。

 県内を中心に活動し、党への投票を呼び掛ける方針。三年前の福井選挙区での自身の獲得票に匹敵する三万五千票を目標にした。(尾嶋隆宏)

主な政党の公約

新聞購読のご案内