トップ > 北陸中日新聞から > 能登半島地震特集 > 記事一覧 > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

能登半島地震特集

定点ルポ(3)被災地を歩く 『一等地今は昔』

注 住宅の損壊状況は記者が歩いて聞き取り調査した結果による。家人不在などは不明とした。

写真

富来川沿いに建つ大田さん宅。博さんは納屋の亀裂を埋めるため何度も砂を運んでいた=石川県志賀町富来領家町で

写真

川沿い家屋軒並み『危険』 手作業で亀裂に砂

志賀町富来領家町

 石川県志賀町富来領家町の商店街を歩いた。いつも車で通る道。パン屋さんに衣料品店、美容院…。富来川に沿って建つ家々は、倒れてこそいないが、傾き、亀裂が走る。「危険」を示す赤い紙が続く。

 八十七歳の女性宅を訪ねた。一人暮らし。声から間があってガラス戸が開いた。足をさすりながら、「地震の後もずっと一人おったがです」と。「町の温泉に行く。それが楽しみや」。足を伸ばし友と語る。週一回のささやかな喜びに支えられる日々なのだと知る。

 大田博さん(64)は納屋の亀裂を埋めるため砂を運んでいた。一輪車を押し、行ったり来たり。日が傾くまで。妻真優美さん(57)と二人で型枠大工の仕事をしているが、地震の後は行っていない。行けない。

 目の前を川が流れる。真優美さんが言う。「夏涼しいし一等地と思っていた。今じゃ三等地、四等地や」。でも、と続ける。「ここが一番。他には住みたくないね」

 同じく川沿いの高橋政雄さん(68)方。船員生活で国内外の町を見てきたが、「こんなにいいところはない」。崩れた場所に、地元の人たちに砂を入れてもらった。「助かりました。ゼロからやり直しやね」。大好きな庭に立ち、前を向ける今、少しだけ笑みが戻った。

 記者のメモ帳に書きつけた言葉を拾ってみる。

 負けておられん。命ある限り頑張る。同じ場所に小さな家を建てて住みたい…。

 生活は今なお、不安定な川土手の上にある。仮設住宅と行き来する人もいる。護岸工事を早く−。ここに住む人たちの共通する思いだ。 (志賀通信部・小塚泉)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索