トップ > 北陸中日新聞から > 能登半島地震特集 > 記事一覧 > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

能登半島地震特集

落語寄席に大笑い 輪島 200人被災疲れ癒やす

「能登に元気を」と題し開かれた落語寄席=輪島市町野町の天王寺で

写真

 能登半島地震の被災地、輪島市町野町の高野山真言宗天王寺で、「能登に元気を」と落語寄席が開かれ、訪れた約二百人が大笑いして被災の疲れを癒やした。

 恒例の花まつりに合わせ、横浜市にある同宗派の寺院などが被災者支援に開いた。寄席では落語家三遊亭愛楽さんが古典落語で字が読めない夫婦のつや話、「目薬」を披露し、大いに会場を沸かせた。

 地元の女性(77)は「地震で家の瓦は傷むし、墓石は倒れるし被害はあったけど、きょうの話はまんで良かった。久しぶりにのんびりできたわいね」と笑顔をのぞかせていた。

 住職の広沢佑昇さん(60)は「地域の人に少しでも心を癒やしていただいて、また復興に向け一歩ずつ歩んでいっていただければ」と話した。

  (島崎勝弘)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索