トップ > 北陸中日新聞から > 能登半島地震特集 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

能登半島地震特集

ゲームや演芸 楽しみ元気に 門前・総持寺祖院 震災後初の縁日

磁石のついた糸で魚の絵を釣って遊ぶ子どもたち=輪島市門前町の総持寺祖院で

写真

 輪島市門前町の総持寺祖院で二十八日、能登半島地震で被災した住民を元気づけようと震災後初めての縁日が開かれた。大勢の住民が訪れ、ゲームや軽食、演芸などのイベントを楽しんだ。

 曹洞宗青年会と輪島市災害ボランティアセンターが企画。山門付近ではボールすくいや紙飛行機飛ばしなどのゲームが用意され、屋台に見立てたテントではさぬきうどんなどの軽食が無料で振る舞われた。

 本堂では、マジックショーやアカペラコンサートなども催された。金沢市の手品グループ「マジシャンイーグルス」がハンカチ、カードを使った手品を披露すると、集まった人たちは大きな拍手を送っていた。

 ボランティアも運営を手伝った。同日午前十時ごろに現地入りした金沢市の北陸学院の中高生四十一人もクイズや工作コーナーで、子どもたちとふれあった。高校一年の伊藤梓さんは「お年寄りはちょっと疲れているような感じがした。縁日で少しでも元気を取り戻してもらえれば」と話していた。 (上野実輝彦)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索