トップ > 北陸中日新聞から > 能登半島地震特集 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

能登半島地震特集

能登半島地震に便乗 悪徳商法だまされないで

交通巡視員(左)と一緒に横断歩道の渡り方の確認をするお年寄り=輪島市門前町で

写真

3避難所で防犯交通安全教室

 能登半島地震に便乗した悪徳商法などを防ごうと、避難所で暮らす高齢者を対象にした防犯交通安全教室が二十六日、輪島市や穴水町の避難所三カ所であり、県警や県職員らが悪質住宅リフォームセールスなどへの注意を呼び掛けた。

 輪島市門前町の門前会館では、県民生活課の新沢克之課長補佐と穴水署生活安全刑事課の北村正英課長が「被災地でもうけようとする人もいる。おかしいと思ったら、身分証の提示などを求めてほしい」と助言した。

 高齢者の事故も多いことから、県警の交通巡視員らが交通安全の寸劇を披露。「シートベルトは後部座席もきちんと締める」「横断歩道はしっかりと確認して渡る」などの注意点を紹介し、反射ライトを配った。 (杉山直之)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索