トップ > 北陸中日新聞から > 能登半島地震特集 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

能登半島地震特集

旅館『準備は万全』 名鉄観光サービス幹部 地震被災地で意見交換

意見交換会であいさつする名鉄観光サービスの中尾社長=石川県七尾市の和倉温泉で

写真

 名鉄観光サービス(名古屋市)は十九日、能登半島地震後の観光地の状況を確認するため、石川県七尾市和倉温泉の旅館「あえの風」で地元観光関係者との意見交換会を開いた。

 名鉄観光側は中尾勝洋社長をはじめ、愛知県など中部各県の支店長ら二十九人が、地元からは加賀屋の小田孝信社長ら和倉温泉旅館関係者、輪島市、羽咋市、穴水町などの観光施設関係者ら二十人が出席した。

 中尾社長が震災のお見舞いを、小田社長が「震災後の風評被害が一番心配。ご支援をお願いしたい」とあいさつ。観光施設関係者は、地震被害を紹介した上で「営業は再開しており、あとはお客さまを待つばかり」と受け入れ準備は整いつつあることを強調。

 名鉄観光側は「支店に戻ってから自信をもって能登観光を紹介したい」などと、能登PRに積極的に取り組む意向を示した。

 名鉄観光側は二十日も能登半島の観光地を視察する。

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索