トップ > 北陸中日新聞から > 能登半島地震特集 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

能登半島地震特集

隆起した漁港 掘り下げ開始 輪島市門前町

地震の影響で海底がせり上がって船が出せなくなったため、海底を掘り下げるショベルカー=16日午後、石川県輪島市門前町の腰細漁港で

写真

 能登半島地震による地盤の隆起で水深が浅くなり船が出せなくなった石川県輪島市門前町の港で、水深を掘り下げるしゅんせつ作業が十六日から始まった。当面は三カ所の港を平均で五十センチしゅんせつする予定。

 門前町南部の剱地や赤神地区周辺の港で、隆起で船だまりの航路が浅くなり、漁船の航行が危険になっている。出漁を見合わせる漁業者も多く、地元は地震前の水深にまで戻すよう市などに要望していた。

 門前町腰細の港ではこの日、市から依頼された地元建設業者が重機で船だまりと航路部分を一メートルの深さまで掘り下げた。水深は浅い所は満潮時でも三十センチほど。作業関係者は「これでは船は出せんわ」と驚いていた。 (報道部・加賀大介)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索