トップ > 北陸中日新聞から > 能登半島地震特集 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

能登半島地震特集

能登は前向き 太鼓で再開アピール 和倉温泉『あえの風』

勇ましい太鼓演奏で宿泊客を喜ばせた石崎豊年太鼓響友会=七尾市和倉温泉のホテル「あえの風」で

写真

 能登半島地震以来、休業していた七尾市和倉温泉の加賀屋グループホテル「あえの風」が十四日夜、復興オープン記念感謝イベントを開いた。

 あえの風は、地震で庭のタイル張りテラスが波打ったり、配水管の接続部がずれるなどの被害を受けたが、二十四時間態勢で復旧工事を急いだ。

 この日は、通常の八割に当たる約四百人が宿泊。家族連れらゆかた姿の宿泊客を前に、小田孝信・加賀屋社長は「復旧後の営業に全力を尽くします」とあいさつ。この後、もちつき大会や石崎豊年太鼓響友会の太鼓ショーで復興をアピールした。 (増井のぞみ)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索