トップ > 北陸中日新聞から > 能登半島地震特集 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

能登半島地震特集

地区一丸 再建誓う 志賀・藤懸神社 氏子ら片付け

取り壊した拝殿の片付けをする地区住民ら(後方の青いシートは本殿)=志賀町笹波の藤懸神社で

写真

 能登半島地震により拝殿が全壊した志賀町(旧富来町)笹波の藤懸(ふじかけ)神社で十五日、拝殿の取り壊し作業が行われ、地元の氏子住民が最後の姿を見届け、復旧を誓い合った。

 神社は拝殿全壊のほか、本殿の一部が崩れ、こま犬や灯籠(とうろう)が倒れるなど被害を受け、十一日には拝殿の下敷きになっていたみこしを取り出した。

 この日は北陸電力と重機レンタル・ヨシカワが運搬車両を出すなどボランティアとして参加。百人余りでバラバラになった拝殿の材木などを運び出した。作業に加わった八十代男性は「情けない気持ちになる」と寂しさを隠せなかった。

 平田篤宮司によれば、今後、再建に向けて氏子住民らと具体的な話し合いを進め、「復元できるところは復元し、ご奉納者の心に添いたい」と話している。 (小塚泉)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索