トップ > 北陸中日新聞から > 能登半島地震特集 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

能登半島地震特集

震災ごみ 門前の仮置き場閉鎖

輪島市今後は美谷の施設へ

 能登半島地震の被災地、輪島市門前町に設置されていた災害ごみの仮置き場で十四日、ごみの受け入れが終了した。十五日に残っている分を収集し閉鎖される。今後は被災者が自ら約二十五キロ離れた同市美谷町のクリーンセンターまで持っていく。

 仮置き場は地震発生の三日後、避難所となっている諸岡公民館前など町内六カ所に設置された。ボランティアが仕分けや収集車への積み込みに協力してきたが、地震とは関係のない瓶や缶、古タイヤなども持ち込まれる問題も生じていた。

 市は地震から三週間たち、片づけが進んできたことを理由に閉鎖を決めた。

 市によると、市全体では一日平均百トンほど、この日は、百五十トンを超えるごみが集まったという。市は「今後もクリーンセンターまで持ってきてくれたら無料で引き取ります」としている。

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索