トップ > 北陸中日新聞から > 能登半島地震特集 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

能登半島地震特集

輪島市の仮設住宅 申し込み初日は順調

仮設住宅の入居申し込みに訪れた被災者=輪島市の門前総合支所で

写真

 能登半島地震で被害が大きかった輪島市で十三日、仮設住宅の入居申し込みが始まった。市役所本庁舎や門前総合支所、各避難所では事前に先着順や抽選によらないことを住民が周知しており、混乱はなかった。

 市内では同日までのまとめで、地震により住宅四百三十七棟が全壊、七百四棟が半壊した。仮設住宅には主に全壊や全壊に近い被害を受けた被災者を対象に、同市門前町の道下地区など四カ所に計二百五十戸を建設予定。プレハブ式で単身用、小家族用、大家族用の三種類を用意する。

 十三日、特に被害が深刻な門前地区の支所では午前八時半ごろから被災者数人が訪れ、申込書を提出。同市門前町黒島町の吉田寛さん(58)は本人と妻、母親が親類宅や会社寮など別々の場所で避難生活を続けており「仮設で三人一緒に暮らしたい。自宅は再建しようと思う」と話した。

 本庁舎に書類を持ち込んだ同市河井町の舘昌子さん(72)は、一人暮らししていた自宅が全壊し、今は知人が営む旅館に身を寄せる。「とにかく仮設に入れてほしい」と訴えた。申し込みは十九日まで。入居は四月下旬から五月上旬の見込み。市の仮入居希望調査では二百二十五件の希望があった。 (加賀大介)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索