トップ > 北陸中日新聞から > 能登半島地震特集 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

能登半島地震特集

門前らしい町並み維持 『新築よりも修復を』

「被災住宅の修復」に関する相談会で、建築士(左)に家屋調査などの相談をする被災住民ら=3日午後、石川県輪島市門前町で

写真

住民団体相談会

 能登半島地震で大きな被害を受けた石川県輪島市門前町で、同町の景観保護に取り組んでいる住民らのグループが三日、「新築するより壊れた家を直し、門前町らしい町並みを守ってほしい」と、家屋の修復についての相談会を開いた。

 グループは「門前町総持寺周辺地区まちづくり協議会」。会場になった地元商店には周辺の約三十人が集まった。金沢市の一級建築士武藤清秀さんが会のメンバーだったことから、金沢市の建築士八人が相談に応じた。

 武藤さんは新潟・中越地震で被害に遭った家の写真を示しながら、大まかな見積もりまでは無料で応じることを説明。「高齢者だと環境が変わるとついていけない人がいる。修復はその点でも建て替えより有利です」と話すと、大きくうなずく参加者がいた。

 質疑の後、武藤さんらは早速、希望者の家へ出向き、家屋の損傷の度合いなどを確認した。

 地元で理髪店を営む水本洋平さん(70)は「地震で店舗の土台がずれた。建て替えるより早いので、修復してもらおうと思っている」と話していた。

 (報道部・加藤裕治)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索