トップ > 北陸中日新聞から > 能登半島地震特集 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

能登半島地震特集

文化財被害把握へ調査官を現地派遣 5日から文化庁

 能登半島地震による国や石川県指定の文化財の被害状況を調べるため、文化庁は、文化財調査官二人を五日から二日間の日程で現地に派遣する。

 県文化財課によると、同県内で被害を受けた文化財は十九件。内訳は国重要文化財二件、県有形文化財七件、国史跡や国登録有形文化財など計十件。

 文化庁は県の要請を受け、国の重文だけでなく、県指定の文化財についても被害状況を調べ、地元と復元方法などを話し合う予定だ。

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索