トップ > 北陸中日新聞から > イベント情報(石川・富山) > 詳細

ここから本文

イベント情報(石川・富山)

黄金時代の鉄道展 〜世界有数の鉄道模型コレクションと蘇るトワイライトエクスプレス〜

原信太郎が製作した「或る列車」の模型

写真

2019年4月26日(金)〜5月26日(日) 金沢21世紀美術館

 世界有数の鉄道模型コレクションを紹介する「黄金時代の鉄道展」が四月二十六日、金沢市広坂の金沢21世紀美術館で始まる。蒸気機関車(SL)の大型模型が会場を走るほか、豪華寝台特急「トワイライトエクスプレス」の保存車両の備品を用いてスイートルームや食堂車の一部も再現される。

 展示するのは、SLから電気機関車へと発展した一九三〇年代に欧米や日本を走っていた車両が中心。欧州を横断したオリエント急行の豪華客車、半流線形のため「なめくじ」と呼ばれたSL「D51」(デゴイチ)の初期型、北陸地方をかつて走っていた車両の模型などがお目見えする。

 「鉄道模型の神様」と呼ばれた原信太郎(のぶたろう)さん(一九一九〜二〇一四年)が各国を巡って製作、収集に情熱を傾けたコレクションだ。製作、所有とも世界一と言われ、日本で初めて鉄道が開通した横浜市にある「原鉄道模型博物館」で保存、展示されてきた。北陸三県では初公開となる。

【開催要項】

会期 2019年4月26日(金)〜5月26日(日)

開場時間 10:00〜18:00まで ※会期中無休。最終日は15:00閉場

会場 金沢21世紀美術館 市民ギャラリーA(金沢市広坂1−2−1)

主催 北陸中日新聞、石川テレビ放送

共催 金沢21世紀美術館〔(公財)金沢芸術創造財団〕

後援 石川県、金沢市、金沢市教育委員会、いしかわ結婚・子育て支援財団、エフエム石川

特別協力 原鉄道模型博物館

協力 西日本旅客鉄道株式会社、京都鉄道博物館

入場料 大人 1100円(前売り900円) 中学・高校生 800円(前売り600円) 小学生 600円(前売り400円)

※未就学児は無料。

※小学生以下は保護者同伴でのご入場をお願いします

※プレミアムパスポート、障害者手帳、療育手帳をご提示の場合は、ご本人様とそのお付き添い1名様まで前売り料金でご入場いただけます。

チケット発売日 2019年3月1日(金)

問い合わせ 北陸中日新聞事業部 電話076(233)4642

 

 

この記事を印刷する

最新記事

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索