トップ > 北陸中日新聞から > 北陸写真ニュース > 記事

ここから本文

北陸写真ニュース

奥川投手「徐々に実感」 ヤクルトが指名あいさつ

高津監督のメッセージが書かれた「交渉権確定」のくじを手にする星稜高の奥川恭伸投手=18日、金沢市の同高で

写真

 十七日のプロ野球ドラフト会議でヤクルトが交渉権を得た星稜高の奥川恭伸投手(18)が十八日、金沢市の同校で球団から指名のあいさつを受け、「徐々に実感が湧いてきた。焦らずしっかり力をつけて、たくさん勝てる投手を目指したい」と意気込みを語った。

 伊東昭光編成部長と担当の阿部健太スカウトが訪問。高津臣吾監督直筆の「神宮で待ってます」というメッセージとサインが書かれた「交渉権確定」の当たりくじを手渡した。

 奥川投手は「ご縁をいただけたので、ヤクルトスワローズで頑張りたい」と入団の意志を表明。「プレッシャーは感じていない」と言い切り「この先は未知の世界。今まで通り練習をしてこれからに備え、期待に応えたい」と決意した。

 朝には、星稜野球部の山下智茂名誉監督から「自分で見て判断する力をつけなさい」と助言をもらったという。「いろんな人の話を聞いて、取り入れるものを判断したい。本も読もうと思う」と話した。

 阿部スカウトは「球界を背負う投手になると信じているが、顔を見てそう確信した。大学、社会人の投手とも遜色なく、将来性も備えている」と評価。伊東編成部長も「早い段階で先発ローテーションに入り、一軍で投げてほしいが焦らせるつもりはない。息の長い投手になってほしい」と期待を込めた。 (小坂亮太)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索