トップ > 北陸中日新聞から > 北陸写真ニュース > 記事

ここから本文

北陸写真ニュース

兼六園で梅の実収穫

ふっくら実った梅の実を収穫する作業員=金沢市の兼六園で

写真

 金沢市の兼六園の梅林で十二日、梅の実の収穫作業があり、園の庭師や作業員二十八人が、ふっくら実った「白加賀」などをもぎ取った。

 三千平方メートルほどの梅林に約二十種類、二百本が植えられている。収穫された梅の実は手際よくバケツに入れられ、見守る観光客らの姿も。千葉県八千代市の井ノ口喜久さん(68)は「タイミングよく見させていただいて、良かった」と笑顔だった。

 金沢城・兼六園管理事務所によると、今年の収穫量は例年より少ない約八百五十キロ。石川県内の特別支援学校や福祉施設など七十四カ所に順次、配布される。ジャムやジュース、梅干しに活用されるという。

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索