トップ > 北陸中日新聞から > 北陸写真ニュース > 記事

ここから本文

北陸写真ニュース

「北前船」金沢 追加認定 日本遺産 小松の石文化5件も

追加認定された金沢市の構成文化財の一つ「大野町こまちなみ保存区域」=金沢市大野町で(泉竜太郎撮影)

写真

 文化庁は二十日、地域の有形・無形の文化財をテーマでまとめ、魅力を発信する「日本遺産」に二十一道府県の十六件を新たに認定。二〇一七年度に認定された北前船ゆかりの「荒波を越えた男たちの夢が紡いだ異空間」に、金沢市などを追加した。=石材加工技術の継承、一手に引き受ける

 追加認定された金沢市の文化財は、江戸時代の豪商・銭屋五兵衛の日記(石川県指定文化財)や、北前船で栄えた宮腰を描いた大野湊神社の巨大な絵馬、古い町並みが残る金石や大野町の「こまちなみ保存区域」など計十件。

 このほか、「珠玉と歩む物語」として一六年度に認定された同県小松市の石の文化に、日用川の石垣や滝ケ原石の石材加工技術など五件が追加された。

 認定は第五弾で、岩手、宮城両県の金産出の歴史を伝える「みちのくGOLD浪漫(ろまん)」や、三重県の「海女(Ama)に出逢(であ)えるまち 鳥羽・志摩」などが新たに加わり、日本遺産は計八十三件となった。

 日本遺産は、地域活性化や観光振興につなげようと一五年度から毎年認定。東京五輪・パラリンピックがある二〇年度までに百件程度に増やす。

 今回、岩手、鹿児島、沖縄三県でも初めて認定され、遺産がないのは東京都のみ。

金石・大野 町並み保存 にぎわい期待

 日本遺産の追加認定を受けて、金沢市大野町で町並み保存に取り組む地域団体「大野みらい・まちなみ委員会」の副会長で、しょうゆ蔵を改装したギャラリー&喫茶「もろみ蔵」のオーナー紺田健司さん(69)は「町の誇りになる。認定を機に町を知ってもらい、にぎわいにつながれば」と喜んだ。

 北前船の寄港地だった大野町には、回船問屋や漁師の民家、しょうゆ醸造蔵など古い木造建築が立ち並び、江戸から明治にかけて栄えた当時の面影が残っている。紺田さんは「地域の祭りなど形が無いものを伝えていこうという住民の思いがあるからこそ、形ある町並みも残ってきた」と地域の結び付きの強さを語った。

 金石・大野地区にはクルーズ船が来航する金沢港があり、市は地区への観光客誘致に取り組んでいる。近年は芸術家の制作拠点をつくるなど、アートの面からも町を盛り上げる。山野之義市長は「大野町は町並みの保存と創出、金石は旧町名復活に取り組んでいる。こうした活動に拍車をかけたい」と市民活動の促進に期待した。 (堀井聡子)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索