トップ > 北陸中日新聞から > おいしいよ! > 記事

ここから本文

おいしいよ!

ビストロ Marcassin(マルカッサン) はと麦エール お肉と一緒に

写真

 昨年1月に開店した小矢部のビストロは、地元食材を生かしたフランス料理店。新井博子シェフ(35)が発案した地元の特産ハトムギ使用のクラフトビール「小矢部はと麦エール」(税込み700円)を飲めるのは同店と製造元のオリエンタル・ブルーイング(金沢市)だけ。

 お薦めは、国産和牛赤身のステーキ(同3000円)。サシの少ない上質の牛肉を使い、地元の甘めのしょうゆが隠し味の赤ワインソースは酸味が少なく絶品=写真。ワンプレートランチ(同1500円)、おまかせフルコース(同5500円)は予約要。

 新井さんは「地元野菜にこだわっています。はと麦エールを一度味わってみて」。 (武田寛史)

 富山県小矢部市石動町5の31

 (電)0766(67)0114

 ▽ランチ前11〜後2・30、ディナー後5〜10

 ▽月曜、第2火曜定休

写真
 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索