トップ > 北陸中日新聞から > おいしいよ! > 記事

ここから本文

おいしいよ!

茶房 六日町かふぇ 江戸期の面影 住民と客交流

ピザトーストや自家製きな粉を使ったきなこどりんくなどが付いた「六日町小昼」=野々市市で

写真

 野々市市民らの有志でつくる野々市宿(しゅく)六日町の会が昨年10月、旧北国街道沿いの市郷土資料館内に開いた。江戸末期の農村の商家の面影が残る館内は落ち着いた雰囲気で、住民と観光客の交流の場となっている。人気の「六日町小昼(こびり)」(600円)は、市内産の紅糀(こうじ)パンでつくるピザトーストと季節のフルーツのヨーグルトソースあえ、自家製きな粉と豆乳、黒蜜でつくる「きなこどりんく」が付く。

 田中陽子店主の話 昔ながらの街並みを楽しんだ帰り、気楽に寄ってください。

 野々市市本町3の19の24

 (電)090(3159)3538

 ▽営業 土日曜のみ前10〜後4

写真
 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索