トップ > 北陸中日新聞から > 北陸発 > 記事

ここから本文

北陸発

大関朝乃山 誕生 「相撲を愛し正義を全うし一生懸命努力します」

大関昇進の伝達を受ける朝乃山(右)と高砂親方=25日午前、大阪市の高砂部屋宿舎で(代表撮影)

写真

富山から111年ぶり

 日本相撲協会は二十五日、大阪市浪速区のエディオンアリーナ大阪で大相撲夏場所(五月十日初日・両国国技館)の番付編成会議と臨時理事会を開き、東関脇朝乃山(26)=本名石橋広暉(ひろき)、富山県出身、高砂部屋=の大関昇進を正式に決めた。新大関誕生は昨年春場所後の貴景勝以来。三場所での三役通過は年六場所制となった一九五八年以降で二番目に速く、富山県出身の大関は太刀山(後の横綱)以来で百十一年ぶり。

 協会は出羽海理事(元幕内小城ノ花)と千田川審判委員(元小結闘牙)を大阪市中央区の高砂部屋宿舎に派遣し、昇進を伝達。令和初の新大関となった朝乃山は「大関の名に恥じぬよう相撲を愛し、力士として正義を全うし、一生懸命努力します」と口上を述べた。

 朝乃山は伝達式後の記者会見で、口上について「(母校・富山商高の教育目標にある)愛と正義を分けて言い、次に中学から好きな『一生懸命』という言葉を入れた」と説明。伝統ある高砂部屋では二〇〇二年名古屋場所後の朝青龍(元横綱)以来の新大関で「少しずつ実感が湧いてきた。しっかり右四つを磨き、新たな歴史をつくっていきたい」と意気込んだ。

 一八八センチ、一七七キロの体を生かした正統派の朝乃山に、周囲は横綱を期待。協会の八角理事長(元横綱北勝海)は「もっと気迫を前面に出し、土俵に上がったら鬼になるくらいの気持ちで」と精神面の厳しさを求めた。境川審判部長代理(元小結両国)は「上を目指してほしい。頑丈だし、前へ出る相撲だからけがをしない」と評した。

 史上初の無観客開催となった春場所で、朝乃山は十一勝。直近三場所の勝利数が昇進目安の三十三勝に届かない三十二勝だったが、正攻法の取り口を高く評価された。

 

この記事を印刷する

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索