トップ > 北陸中日新聞から > 北陸発 > 記事

ここから本文

北陸発

【石川】雪なく 氷室の仕込み 湯涌で初

(上)積雪がない中で行われた「氷室の仕込み」(下)雪がない氷室小屋の内部=いずれも26日、金沢市湯涌町の玉泉湖で

写真

 江戸時代の習わしを再現した「氷室の仕込み」が二十六日、金沢市の湯涌温泉で雪のない中で行われた。主催する湯涌温泉観光協会によると、今年で三十五回目だが、全く積雪がない状態で迎えたのは初めて。

 加賀藩が小屋で貯蔵した雪氷を旧暦の六月一日に、徳川将軍家へ献上していた風習を再現した行事。仕込みは一九八六年から毎年一月下旬にあり、幅四メートル、奥行き六メートル、深さ二・五メートルの穴にかやぶき屋根をかぶせた「氷室小屋」に雪を入れて貯蔵する。

 例年なら周囲には一メートル程度の雪が積もっているが、暖冬の今年は異例の仕込みに。仏事の後、同協会の安藤有(たもつ)会長(46)らが木製のすきで雪をかくまねをし、行事を終えた。今後雪が降り次第、小屋に貯蔵するという。

 小屋の雪氷は例年なら六月三十日に切り出されるが、今年は未定。安藤会長は「昨年も雪が少なく、十二トンほど貯蔵した雪は残っていなかった。二月は寒くなり、雪が降ってくれれば」と話した。

 金沢地方気象台によると、二十六日の金沢市の最低気温は例年より五・三度高い五・七度で、四月上旬並みだった。

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索